テンプレート使用方法

 テンプレート“Mini-Site”の、ヘッダ画像下メニューと、左メニューの、リンク先作成方法と、リンク方法を解説します。
 リンク先ページは、ブログとしては「記事」にあたります。公式マニュアル「まずは記事を書いてみよう」のとおり、記事を書きます。たとえば、店舗等の
  • 地図
  • 営業時間
  • 店長挨拶
  • スタッフ紹介
 などを、それぞれ別記事にしてみてください。

[参考・《JUGEM》公式マニュアル]

テンプレート“Mini-Site”のメニュー使用方法


 このテンプレートでは、ヘッダ画像下の横メニューに「おすすめリンク」メニューを割り振っています。5つまでは、カスタマイズせずに、そのまま使用できます。
 左カラムのメニューは、「カテゴリーメニュー」です。

「おすすめリンク」から記事にリンク

 このブログの横メニュー「About」のように、個別の記事にリンクするには、個別の記事のアドレス(URL)を知る必要があります。が、できるだけ「サイトっぽい」デザインにするため、個別記事へのリンクはブログ表示画面からは見えないテンプレートになっています。
 管理ページの[書く]→[記事の編集・削除]から、記事タイトルをクリックして記事を開き、アドレスを調べてご使用ください。

左カラム・カテゴリーメニュー

 たとえばこのブログでは、「このブログについて」というタイトルの記事に、「1.このブログについて」というカテゴリー名をつけています。「サイトっぽく」見せるためには、「1カテゴリー=1記事」がいいかと思います。

「記事の続き」機能について

 「地図」「営業時間」「店長挨拶」「スタッフ紹介」のように、繰り返し閲覧されるページは、「続きを書く」機能を使わずに書いてください。
 しかし、たとえば、定食屋のサイトを作成して、トップページには毎週「今週の定食」という記事を表示させる場合。更新のたびに、前の週の記事は、タイトルを「○年○月第○週の記事」に直し、内容をすべて「続きを読む」に移しておくと、「Archive」から閲覧できる「月別」ページにはタイトルが並び、「続きを読む」で記事の内容が読めるようになります。この「一手間」をかけられるのであれば、「続きを読む」を利用する価値があると思います。

記事表示は1に

 サイトっぽく表示させるためには、記事の表示数は「1」にしておくのがお勧めです。
  上に書いたとおり、1つのカテゴリーに入れる記事も「1ケ」がお勧め(記事を書くたびにカテゴリーを作る)ですが、カテゴリーの表示件数まで「1」にすると「うっかり」複数の記事を1つのカテゴリーに入れたときに、完全に行方不明になる恐れがあります^^;



【ご質問は】BBSにお願いします。スパムよけのため、ユーザー名「adan」、パスワード「adan」を入力してお入りください。


search this site.

MOBILE

qrcode

Archive

RSS

Powered

テンプレート提供元
無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Admin.